カテゴリ「カフェ巡り」の記事 Feed

2011年6月16日 (木)

Restaurant Cafe LA・MER (ラ・メール)@神戸深江

阪神深江駅にてランチ探しの旅。
駅を北側に出てすぐ東側。駐車場のタイムズ横にある、フランス料理の
Restaurant Cafe LA・MER (ラ・メール) さん。今回はこちらでランチを。

パッと見、高そうな雰囲気があったんですが、表のメニューを見る限り、
ランチは意外にリーズナブル。ってことで、早速店内へ。
店内は奥に長く、一番奥にはキレイに磨かれたオープンキッチンが。
窓からは太陽の光が差し込んで良い雰囲気を作っています。

日替わりランチもあったんですが、悩んだ挙句頼んだのは、オムライス!

先ずは水色のステキなランチョンマットをセッティング。
お冷のコースター、ハート型です。オッサンのワタクシはちょっと照れる。

きました、オムライス!セットでタップリのサラダ。
あっさりとしたドレッシングが掛かっていて、とってもボリューミー。
同じく、オムライスもすごい量です。先ずは一口。
ぬおっ!ふわふわだっ!パッと見は、半熟系でもなく少し固いのかな
と思えるんですが、タマゴの厚さの割りにとってもふわっふわ。
しかも味がしっかりと付けられていて、タマゴだけでもメインになる。
中はチキンライス。こちらもコクのある味付け。トマトソースは、トマトの
風味も活きていて、ほのかな酸味もタマゴとチキンライスにピッタリ。

これは大満足。

食後のコーヒーは、苦味がしっかりときいているけど、後口がとっても
クリーンで美味しいコーヒー。

P7260064

P7260068_2

P7260073

P7260074

P7260079

P7260084

<店舗情報>
Restaurant Cafe LA・MER (ラ・メール)
神戸市東灘区深江本町3-3-17
078-411-2270

2011年3月27日 (日)

喫茶エスポワール2@神戸六甲

>つづき

阪急神戸六甲の 「喫茶エスポワール」 さん。

戴いたのは、手作りケーキセット。今日は 「クラフティ」。
タルト生地より少しふんわりした生地に、プリンのような甘い生地。
う、うまい。甘さ控えめで、中に入っているキウイの酸味が絶妙にマッチ。
コクと苦味のあるコーヒーとの相性もばっちり。
ちなみにコーヒーはサイフォン抽出。一杯一杯丁寧に目の前で淹れてくれる。

ちなみにこのケーキセット。内容が決まってないらしく、色々と変わるらしい。
行ってからのお楽しみ。

P7059280

P7059288

P7059292

P7059289


<店舗情報>
喫茶エスポワール
神戸市灘区八幡町3-6-18
078-882-0351

2011年3月25日 (金)

喫茶エスポワール1@神戸六甲

阪急六甲駅は北も南もステキな喫茶店が点在。
今回は南側にある六甲八幡神社の周りを散策。

入ったのは、神社の西側にある 「喫茶エスポワール」 さん。
阪急の高架沿いを西へ少し。一つ目の角を左へ。少し坂を下ったとこ。

入るとカウンターが目の前に
右側には、少し大きめのテーブルが真ん中に
周りには少人数用のテーブルが配置。

この真ん中のテーブルには、美術全集が詰まれています。
ゴッホにダヴィンチ、ルノワール・・・
自称アーチストのワタクシ。はい、けど知識は全くないんで、誰が誰やら・・・。
でもこの全集を読みながら飲むコーヒーは格別。BGMも静かに流れている
から時がゆっくり流れるよう。これこそまさに喫茶店の魅力。
で、もう一つの魅力を味わいたい人は、どうぞカウンターに。
こちらはママさんとのトーク席。もちろんワタクシはこちらへ。

>つづく

P70592781

P70592831

P7059284

P7059286_2


<店舗情報>
喫茶エスポワール
神戸市灘区八幡町3-6-18
078-882-0351

2011年3月20日 (日)

Bar Melon@神戸三宮

今宵のグルメ探検隊は、昨年の11月以来の訪問。
三宮はハンター坂を上ってすぐ左側のビル4階にある 「Bar Melon」 さん。
目印は、マスターのまあるいお腹。すごくキュート。

過去数回きていますが、カウンターに陣取るのは初めてかな。
テーブル席も数卓あるんですが、マスターと喋りたくてカウンターに。
やっぱり入るだけで雰囲気いいですね~。なんか家庭的。
そう、マスターの雰囲気が余計にそう思わせるんでしょうね。
ワタクシ男だけど、ガードが下がる。

先ずはビールで乾杯。これはお決まり。で、ワインに突入~!
白ワインをごっくごく。なんやかんやで結局一人1本飲む。ふむ満足。

 ●オードブルの盛り合わせ
 ●トリッパー(ハチノス)のトマト煮込み
 ●鳥肝の自家製レバーペーストメルバトースト添え
 ●フォアグラとホワイトアスパラ半熟卵添えトリュフソース
 ●神戸和牛特選ローストビーフ

南イタリア料理。なのに、パスタに突入する前にお腹一杯に。
デザートも、コーヒーも楽しみにしていたのに、ノンベエさんには
かないませんでした。次回はパスタから入ります。

P3165199P3165200

P3165203

P3165205P3165206

P3165207

P3165209P3165210

P3165216

<店舗情報>
Bar Melon
神戸市中央区中山手通2丁目10-22
078-222-1552

2011年1月19日 (水)

みやこ2@神戸大石西灘

>で つづき

コーヒーカップより少し大きめの和食器に入って出てきました。ソーサーも味がある。
どんな味か?不思議な味です。
焼餅入りのぜんざいにコーヒーを注げば出来上がり。
ちなみに、3度の味を楽しめる逸品です。

先ずは混ぜずにそのまま上澄みを飲む。この箇所はコーヒーがほとんどだが、
アズキの甘味もある不思議な味。次にスプーンで混ぜ混ぜします。
下からたっぷりのアズキが舞い上がってきて、ぜんざい指数が高くなります。
甘味も増して、アズキのツブツブ存在感もあり、また一味違った味に。
ここでのポイントは、焼餅の香ばしい味がプラスされること。
これがキーです。と勝手に思います。

最後には、なんとフレッシュ(ミルク)を投入!コクが増して、三度目の美味さ。
けど、コーヒー感はほとんどなくなっていて、ぜんざい指数がマックス状態。
なんともま~不思議な味わい。

ちなみに、冬だけではなく、年中あるそう。

P6239131P6239132

P6239133


<店舗情報>
みやこ
神戸市灘区都通2-3-20
078-881-8730

2011年1月18日 (火)

みやこ1@神戸大石西灘

阪神大石駅と西灘駅の中間地点ぐらいかな~。こういう時はタイトルに悩む。
なので両方入れる。

お店は、西灘公園のすぐ正面。43号線と2号線の間。「みやこ」 さんです。

なんとお母さんの代から50年も営業されているそう。歴史が詰まっていますな。
その間、お店はちょっと広くなり、店内も改装されたそう。緑が一杯で、キレイに
清潔が保たれています。
食事も豊富。定食はタップリと。うどんもあります。夏にはソーメンも。


と書きつつ結局は、コーヒーオーダーしたんですが、もっと気になるもの発見!
「コーヒーぜんざい」 なるもの。気になるところだが、先ずはコーヒーの味から。
苦味がありつつ、酸味も保っているマイルドな味。もっとカッコいいことを書くべき
なんだろうけど、「コーヒーぜんざい」 が気になったので、そちらを書きます。

>でも つづく

P6239121P6239124

P6239128_2

<店舗情報>
みやこ
神戸市灘区都通2-3-20
078-881-8730

2010年12月23日 (木)

小さな喫茶室 モナミカフェ@神戸新在家

阪神の新在家駅。
ここ最近阪神沿線での仕事が増えてきたんだけど、あれ?
もしかして初めて降りたんでは・・・。

それはさておき、今回のカフェ巡りは、新在家駅からお隣の大石駅に高架
沿いを西へ数分、灘郵便局の目の前 「小さな喫茶室 モナミカフェ」 さん。
ん? 「小さな喫茶室」 ?親近感湧きまくりです!

ママさんに聞いたら、大きなお店にはない、小さいお店だからこそできる
サービスをモットーにしてらっしゃるそう。
『モナミ』 とはフランス語。『私』 が 『モン』 で、『友達』 が 『アミ』 。
その二つを続けて書くと 『モンアミ』、ワタクシはフランス語全く話せませんが、
それを発音すると 『モナミ』 となるそう。そう、『私の友達』 って店名なんですね。
友達に尽くすみたいな感じなんですかね。街の喫茶店の良さが出ていますよね。

お店は小さいんですが、花も飾ってキレイにされています。
そんなん基本だろ、って思うでしょうが、なかなか出来ていない店が多いですよ。


カレー食べました。このブログ、カレーの出現率もなかなか高いね~。
こちらのは、山型のライスが印象的。辛味を抑えたサラサラマイルドタイプ。
少し固めに炊かれたライスと相性バッチリ。

コーヒーは丁寧にハンドドリップ。最初に苦味が来たな~、って思ったけど
途中から華やかな香りとすっきりした酸味が登場して、後口クリーンな
美味しいコーヒーでした。

P6239095

P6239098

P6239101

P6239103

P6239107

P6239113

<店舗情報>
モナミカフェ
神戸市灘区大石東町4-6-2
078-881-0337

2010年12月 5日 (日)

喫茶&ランチ キューピット@神戸青木

阪神の青木駅。前にも書いたけど、アオキではない青木駅。
今回行ったのは、駅の北側にある 「喫茶キューピット」 さん。
駅の東側に踏切があるんだけど、その目の前って言った方が分かり易いかな。
ちょうど角地。

お店は、(失礼だけど) ちょっと小さめ。入ったらカウンターとテーブル席が2卓。
もちろんカウンターにしか座りません。
こちらはマスターではなく、ママさんでした。

お店キレイ。緑も所々に飾ってあるし、可愛い人形もカウンター奥の目立つ所に
ちょこんと。こういうセンスはワタクシにはありません。

お昼だったんで、「キューピットセット」 を戴きました。
タマゴトースト、イタリアンスパゲッティ、サラダに紅茶か珈琲のセット。
トーストには、たっぷりタマゴが詰め込まれていてボリューム満点。
イタリアンスパは、ソース自体甘めで、更に玉ねぎの甘味が加わって何か懐かしの味。

コーヒーはオーダー毎に挽いてくれます。これ、嬉しい。何か自分の為に作って
くれてるっと優越感?が湧いてくる。それにカリカリって音とコーヒーの良い香りが
店中に充満して、飲む前から楽しませてくれます。これぞ 「先味」 ですな。

コクと苦味がしっかりと。ブラックでも、フレッシュを入れても楽しめる、
良い感じの濃度。香りも香ばしい。

P6038617

P6038620

P6038622

P6038623

P6038628

P6038638

<店舗情報>
喫茶&ランチ キューピット
神戸市東灘区北青木2-6-11
078-451-7431

2010年11月10日 (水)

博多とステンドグラス 2@神戸二宮

>つづき

「博多」 さんのステンドグラス。

ステキです。

P6289194

P6289196

P6289197

P6289203

P6289204



<店舗情報>
博多
神戸市中央区二宮町2-4-1
078-221-8714

2010年11月 9日 (火)

博多1@神戸二宮

以前行った 「料亭F」 さんへの通り道。そこに昔ながらの喫茶店 「博多」 さんが
あります。赤いテントに、正面はガラス張りだから分かるかな。

入ってびっくり。一瞬で昔の古きよき時代へタイムスリップできます。
というか、正直昔の時代をよく覚えてないけど、なんとなくそんなレトロで
ステキな空間がそこにはあります。

それにステキなママさんがお一人で切り盛りされていて、それもまた落ち着く
一つの要因かな~。まったりゆっくりとした 「珈琲たいむ」 を満喫できます。

お店はこじんまりとした感じだけど、その中にきらりと光るステンドグラスが数点。
窓に掛かっているフラットなものから、電気のカサまで。ママさんに聞くと、
亡くなられたご主人が器用な方で、全て手作りされたそう。ホント良い感じですよ。

で、頼んだのは 「ミルクコーヒー」 。これも懐かしい響き。
今風に言えば、「カフェ・オ・レ」 になるんでしょうか。
コーヒーとタップリミルクの相性はバツグン。すごくコクがあってクリーミィー。
ミルクの香りがほんわか気分を増大させてくれる優しい味。

ステンドグラス集につづく>

P6289193_2

P6289201

P6289202

P6289205


<店舗情報>
博多
神戸市中央区二宮町2-4-1
078-221-8714

Link

最近のトラックバック